運動 痩せない

運動しても痩せないのはある栄養不足が影響している可能性

ちゃんと毎日ウォーキングしているのに痩せない。食事制限だってしてるけどやっぱり減らない。そんなふうに悩んでいる方は多いはずです。10代の頃ならそれで結構痩せることが出来たりします。それは基礎代謝が高いから。でも20代30代となってくると基礎代謝の低下でそう簡単には体重は減らなくなってしまいます。とは言ってもいくら基礎代謝が低くなってるからと全然減らないのはおかしいのでは?と思われるでしょう。確かに食事制限をして摂取カロリーを抑えた上に運動をしてカロリー消費すれば何もしないより痩せるはずです。

 

でも痩せない。何故か?
やせるホルモンが足りないのか?
人間が生きていくために欠かすことの出来ない栄養素の一つに「酵素」があります。酵素は老廃物を排出したり腸内環境を整えたりと重要な働きをします。酵素には食べ物として外部から取り入れる食物酵素と体内で作られる潜在酵素があります。潜在酵素は更に消化酵素と代謝酵素に分けられます。

 

体内にある消化酵素は優先的に消化に使われます。すると代謝酵素が不足してしまい、新陳代謝が十分に行われなくなってしまいます。そのため脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。

 

これでは運動をしても十分な代謝が行われず、期待したように体重が落ちていきません。

痩せやすい体をつくるには

痩せやすい体質に改善するには十分な代謝酵素が必要になります。そのためには無駄な消化酵素を使わないようにしなければいけません。消化酵素を浪費しないようにするためには食べ物から食物酵素をたっぷり補充してあげることです。

 

しかしダイエットしたいのですからあまり多くのカロリーを摂るのは矛盾してしまいます。そこで無駄なく酵素を摂るためには酵素を多く含む食品を進んで食べるようにすべきです。

腸内の酵素がしっかり働くために注意しておかなければいけないこと

ダイエットをするために運動だけではなく食事制限などもしている方も多いですが、食事を調整するときに少し注意しなければいけないことがあります。

 

ダイエットしようと思って頑張って運動をしてみたはいいが、なかなか思うように痩せられないという方が多いように思います。その運動量や食事などの他の要因が人それぞれ違うでしょうから一概には言えませんが、痩せにくいのは体質の問題もあるかもしれません。特に30代以降の方は若いときに比べ基礎代謝が大きく落ちています。基礎代謝はじっとしているだけでもエネルギーを消費します。若いころはこの基礎代謝が大きいため運動量が少なくても比較的痩せやすい体だといえます。しかし。歳を重ねるに連れ確実に痩せにくい体になっていき、若いころと同じようなダイエットを行ったとしても体重の減り方は同じようにはなりません。かと言ってより多くの運動をしようとしても体力も落ちていますので思うようにいかないでしょう。無理して運動しても体を痛めたり、あまりの辛さに続かなかったりして結局挫折してしまいます。では基礎代謝が落ちてしまうともうダイエットを諦めなければいけないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。ただ、若かった頃にしたダイエットとは方法を少し帰る必要があるかもしれません。まずは痩せにくい体を痩せやすい体質へと変えていくことを考えると良いでしょう。ただ単に食事量を減らして運動を増やすのではなく、体がカロリーをより消費するように食べ物の内容を考えると良いでしょう。しかし、実際に食事のメニューを考えて作り、食べようと思ってもそのことを毎日続けるのはかなり大変なことです。人によっては仕事などでなかなか食事作りに時間を掛けられない方や、どうしても外食が増えてしまうという方もいるでしょう。そこで提案したいのが酵素ドリンクを飲む方法です。酵素ドリンクとは数十種類の野菜や果物などを使って作られた酵素たっぷりの飲み物です。酵素は体の働きを助け、健康的な体へと導いてくれます。この酵素ドリンクを一部の食事に置き換えたりしながら摂取カロリーを抑えつつ、栄養と酵素を多く取り入れ、体の代謝を高めながら適度な運動をすれば、ただ単に運動していた今までとは違った結果を期待出来ます。普段からのステレス、喫煙、寝不足などの影響で体内の酵素が不足している状態では健康的なダイエットは望めません。酵素飲料を飲むことによって体のバランスを整え、痩せやすい体質へと変えていくことを心がけましょう。